2022競馬

中京記念GⅢ(ハンデ) 小倉競馬場 芝1800 7月24日 馬場  良 →西村ジョッキーの6番人気のベレヌス優勝。逃げ馬はやはり押さえないと。

出馬表

ファルコニア 5歳牡馬 56 ディープ産駒 川田ジョッキー 前走 マイラーズカップ3着 最近安定している 8枠

ミスニューヨーク 5歳牝馬 54 キングズベスト産駒 デムーロジョッキー 前走 ヴィクトリアマイル10着 昨年夏小倉日経3着 小回り右回りが得意? 1枠 ちょっと不利? 小倉1800 

カイザーミノル 6歳牡馬 56 ロードカナロア産駒 横山典ジョッキー 前走 米子L 2着 小倉での勝利あり 3枠

カテドラル 6歳牡馬 57 ハーツクライ産駒 団野ジョッキー 前走 安田記念18着 昨年の中京記念(小倉)2着 6枠 ※後ろから

カデナ 8歳牡馬 57.5 ディープ産駒 今村ジョッキー 前走 ダート  2月小倉大賞典3着 小倉得意? 7枠 ※追い込み馬

シャーレイポピー 4歳牝馬 52 ミッキーアイル 福永ジョッキー 前走 米子L 7着 ※斤量の恩恵あるか?

ワイド 4 10 13 14 15 

レース結果

ベレヌスは、着実に階段をあがるように、西村ジョッキーと重賞を勝利した。小倉1800は、外枠が有利なので、うまく他の馬にもまれず、気持ちよく逃げ切った。西村淳也ジョッキーは22歳。重賞2勝目。昨年の金鯱賞を10番人気ギベオンで勝利している。

2着のカテドラルと3着のファルコニアは、最後たたきあいになって、ハナ差でカテドラル2着。小倉は本当に相性がよいみたい。

ファルコニアは、まだ、重賞への挑戦ははじまったばかり、すぐにでもチャンスはありそう。

5着ヴァリアメンテと6着カデナは早いあがりを使っていたが、少し足りなかった。

馬券の結果

ファルコニアを軸に、ワイドで人気薄のカテドラルやアーデントリー、モズナガレボシなど購入。優馬はカテドラルが特注になっていた。

昨年のこのレースの2着馬は評価しないといけない。

こんにちは とんたろう です。還暦を迎えていろいろとチャレンジしています。趣味は野球観戦(特にジャイアンツ) 競馬 投資(米国ETF)などです。楽しみながら実践しています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。